くせ毛を治すにはトリートメントが効果的な理由

くせ毛の髪の毛はどうなっているの?

 

朝中々スタイリングが決まらなかったり、湿気の多い日に髪の毛が膨らんだり、くせ毛に悩む人って多いです。

 

日本人の約8割がくせ毛に悩んでいると言われますから。真っ直ぐなサラサラストレートに憧れて、縮毛矯正をする人もいますが、縮毛矯正をし続けていると髪の毛にかなりのダメージが加わります。

 

くせ毛と、ストレートの髪の毛は、髪の毛の構造が違うのです。髪はメデュラ・コルテックス・キューティクルの3層で出来ています。

 

この髪の毛内部の構造の違いが、くせ毛になるか、直毛になるかを決めているのです。

 

髪の毛の2層目にあるコルテックスが歪んでいると、髪の毛がS字にカーブするくせ毛になってしまい、この歪みが大きければ大きいほど強いくせ毛になります。

 

くせ毛を直すコツはトリートメント選びにあり

 

くせ毛の人は髪の毛が歪んでいるため、表面を覆うキューティクルが毛羽立ちやすかったり、剥がれやすかったりしてしまいます。

 

くせ毛が広がったり、ツヤがでにくかったりするのはこれが原因です。

 

キューティクルが毛羽立ったり、剥がれたりすると、髪の毛内部の潤いが流出しやすくなるため、より広がりやすく痛みやすい髪の毛になってしまいます。

 

トリートメントで髪の毛内部にしっかり潤いを与えることが、髪の毛のまとまりやすさの秘訣です。栄養成分や潤い成分が豊富に配合されているトリートメントを選んで、しっかり時間をかけて中に浸透させるようにしましょう。

 

洗い流さないトリートメントってどうなの?

 

トリートメントには、洗い流して使うインバスタイプと、洗い流さないで使うアウトバスタイプの2種類があります。

 

インバスタイプは、髪の毛の内部の補修に優れています。

 

アウトバスタイプは、髪の毛の表面のケアに特化しているという違いがあります。

 

どちらも髪の毛の内部に潤いを与えるという点に変わりはありません。ただ、洗い流さないものには、ドライヤーの熱から髪の毛を守るという成分もより多く配合されていますので、ドライヤーを使う前に洗い流さないものをつけておくとより綺麗な髪の毛になりますよ。

 

成分に注目して良いものを選ぼう!

 

髪の毛に良いのは、海藻エキスやオリーブオイルなどの植物油、ローヤルゼリーなどが配合されているものです。

 

トリートメントによってくせ毛を根本的に直すことは出来ませんが、まとまりやすくツヤのある髪の毛にすることは出来ます。髪の毛にとって必要な成分の配合されたものを使って、くせに負けない髪の毛を作りましょう。

 

人気のトリートメント|オススメランキングはコチラ