髪の毛の傷みを解消する方法について

■髪の毛が傷んでいるかチェックしてみよう!

 

多くの人が気になる髪の毛の傷み具合ですが、自分の髪の毛がどの程度傷んでいるのが知るのって難しいですよね。

 

簡単なチェック方法がありますので、自分の髪の毛で実際にチェックしてみてください。まず、髪の毛を一本抜きます。その髪の毛を引っ張ってみましょう。

 

髪の毛が伸びたり、切れたりした場合は、髪の毛の内部がスカスカになっています。

 

髪の毛を抜くのに抵抗がある人は、濡れた髪の毛を束にして、指に巻き付けてみてください。髪の毛が真っすぐ戻るようであれば大丈夫ですが、傷んでいると真っすぐに戻りません。

 

健康的な髪の毛は、内部にもたんぱく質が満ちていますが、傷んだ髪の毛は内部のたんぱく質などが流出してしまい、スカスカになってしまっているのです。

 

ツヤがない、手触りが悪い、枝毛がある、湿気で広がりやすいなどの症状も髪の毛のダメージが進んでいるサインです。

 

■髪の毛の傷みを改善する良い方法とは?

 

髪の毛を美しく保つための良い方法は、体の内側からのケアと、外側からのヘアケアが重要です。内側だけケアしても髪の傷みはとれませんし、ヘアケアだけ頑張っても傷みが解消されるのはその時だけになってしまいます。

 

両方のケアをバランス良く取り入れてダメージ知らずの美髪を作りましょう。

 

■体の内側から髪の毛をケアする方法とは?

 

髪の毛は血液から酸素と栄養素を受けて成長しています。

 

そのため、頭皮の血流が良くなければ美しい髪の毛は生えて来られません。ホルモンバランスも重要です。

 

女性ホルモンは、髪の毛を美しくする作用を持つホルモンです。そのため、ホルモンバランスが乱れると、髪の毛を美しく保つのが難しくなります。バランスの良い食生活と規則正しい生活を心がけましょう。

 

■ヘアケアで髪の毛の傷みを改善するには?

 

まずはシャンプーです。洗浄力の強すぎるシャンプーは髪の潤いも洗い流します。アミノ酸系のシャンプーなら、頭皮や髪の毛の汚れを優しく落とす事が出来ます。次に、トリートメントの選び方です。

 

髪の毛のキューティクルが損傷すると、内側のたんぱく質がどんどん流出するので、開いたり、剥がれたりしているキューティクルをしっかり補修出来るトリートメントを使いましょう。早くダメージを改善したいなら、洗い流さないトリートメントの併用が効果的です。

 

ドライヤーやアイロン、コテなどの熱でもキューティクルは損傷するので、熱を加える前には必ずスタイリング剤を使って髪の毛を保護するようにしましょう。

 

【関連記事】

かみの毛の痛みを解消する方法|オススメヘアケアアイテム