髪の毛のパサつき対策について

■髪の毛をパサつかせる原因とは?

 

頭皮や髪の毛に優しいシャンプーを使い、補修力の高いトリートメントを使っているのに、髪の毛のパサつきが気になるとき、その原因はどこあるのでしょう?

 

ヘアケアの選び方は間違っていなくても使い方が間違っていることもありますし、日ごろの生活習慣によって髪の毛をパサつかせる原因が潜んでいるのかもしれません。

 

■ヘアケア製品の正しい使い方とは?

 

せっかく良いシャンプーやトリートメントを使っても、使い方を間違えれば効果は半減してしまいます。

 

シャンプーは直接髪の毛につけず、手で泡立ててから髪の毛に乗せて洗い始めるようにしましょう。

 

トリートメントは、記載の時間を守って流しましょう。しっかり浸透させるには、毛先に揉むようにするのがポイントです。すすぎ残しのないように、念入りにすすぐこともお忘れなく!

 

■トリートメントをより効果的に使うには?

 

美容院では、トリートメントした髪の毛に、お湯でタッピングをしていくという方法で、髪の毛により成分を浸透させています。

 

トリートメントが乳化することによって、浸透率が上がるのです。この方法を自宅でも取り入れてみましょう。

 

手のひらにお湯を含ませてから、髪の毛を揉みながら置いておけば、トリートメント効果がアップします。

 

■日常生活で行うべき対策とは?

 

意外なことに、髪の毛の紫外線対策を行っている日常的にしている人が少ないんですよね。

 

紫外線は髪の毛のたんぱく質を切断する作用を持っていますので、どれだけ頑張ってヘアケアをしていても、紫外線を浴びてしまえば効果を実感出来なくなります。UVカットの出来るスタイリング剤を使ったり、帽子等で紫外線を浴びないように対策をしてみましょう。

 

■食事や寝る時間にも気をつけて

 

ダイエットなどで体が栄養不足になっていると、髪の毛にも十分な栄養が届けられません。

 

栄養の足りない状態で作られた髪の毛は、必然的に密度の低い髪の毛になってしまい、パサつきが目立つようになってしまいます。髪の毛を作るために必要なたんぱく質をしっかり摂るようにしましょう。就寝中に分泌される成長ホルモンにより、髪の毛は長く成長していきます。

 

そのため、睡眠不足が続くと髪の毛の成長が滞ってしまうのです。22〜2時までが『ゴールデンタイム』と言われているのをご存じですか?この時間は成長ホルモンの分泌がピークになるため、この時間に質の良い睡眠をとれるよう習慣づけるのも効果的です。

 

【関連記事】

パサつきを抑えるヘアケア商品ベスト3