髪のうねりと広がりを改善する方法について

■髪のうねりや広がりはなぜ起こる?

 

髪の毛がうねって広がる原因は、大きく三つ考えられます。

 

一つは加齢によるもの、もう一つは髪の毛のダメージ、最後に先天的に髪の毛がうねっているくせ毛であることです。先天的にくせ毛である場合は、縮毛矯正などでうねった髪の毛を矯正しなければなりませんが、加齢とダメージが原因でうねる、広がるという場合は、毎日のケア次第で改善することが出来ます。

 

若い頃は髪の毛がストレートだったのに…という人は、早速日々のヘアケアを見直しましょう。

 

■加齢が原因でうねる、広がるときの対策は?

 

髪の毛は頭皮から生えているので、頭皮ケアを始めると効果的です。

 

頭皮がたるんでしまうと、毛穴が歪んでしまいます。髪の毛は成長する過程で必ず毛穴を通ります。

 

歪んだ毛穴から生えてきた髪の毛は、成長過程で内部の結合組織が湾曲するため、直毛にはなりません。頭皮ケアにはスカルプローションの使用と、頭皮マッサージが良いでしょう。『スカルプローション=育毛』という考え方は古いです。

 

顔に化粧水を塗るのと同様に、頭皮にも水分や栄養を補わなければなりません。頭皮の乾燥はたるみに直結するので、洗浄力の強すぎるシャンプーの使用もやめましょう。

 

頭は体の末端で、血流が滞りやすい部分です。髪の毛は血液によって、酸素と栄養を受けて成長しています。

 

密度が高く健康な髪の毛を作るのに、血行促進は必ず行うべきです。シャンプーブラシを使う、トリートメントを待っている間に頭皮を揉むなどの習慣を持つようにしましょう。

 

■ダメージによってうねる、広がるときの対策は?

 

髪の毛のダメージというのは、髪表面のキューティクルが剥がれる事で起こります。

 

キューティクルが剥がれることで、髪の毛内部のタンパク質や潤い成分が流れ出てしまい、髪の毛の密度が低くなってしまうのです。

 

髪の毛の密度が低いと、その部分に水分が入り込んでしまいます。そうすることで、うねりや広がりといった状態を引き起こしてしまうのです。

 

水分が入り込む隙間をしっかり埋めるように、補修力の高いトリートメントを使うようにしましょう。

 

■日常の生活習慣も大切!

 

加齢によって密度が低い髪の毛が生えてくると、必然的にダメージにも弱くなります。

 

そのため、どちらか一方のケアではなくて両方取り入れる方が効果が早く感じられるでしょう。

 

濡れた髪の毛からは、タンパク質や潤いが流出しやすいため、髪の毛を洗ったらすぐに乾かす習慣を持ちましょう。

 

【関連記事】

髪のうねりやダメージを改善するヘアケアアイテム