髪のゴワゴワをどうにかしたい方へ

■どうにかしたい!髪の毛のゴワゴワの原因は?

 

女性なら美容院でカラー、パーマなどしてもらいますよね。

 

美容院帰りの髪は、自分のものとは思えないほど見た目も触り心地も良いものです。

 

美容院で使われているシャンプーやトリートメントが良いものであるのは間違いありませんが、ちょっとしたことに気をつければ美容院の仕上がりを自分でも作ることが出来ますよ。

 

髪がゴワゴワする原因は、日常の習慣が大きいです。

 

ヘアケアアイテムの選び方を間違っていたり、洗い方が悪かったり、洗った後にすぐ乾かさなかったり、完全に乾かしていなかったり、櫛の使い方が間違っていたり…挙げればキリがないほど、髪の毛をゴワゴワにしてしまう習慣が日常に潜んでいるのです。

 

■毎日のシャンプー&トリートメント習慣の見直しを

 

洗浄力の強すぎるシャンプーは、髪の毛と頭皮の潤いを奪ってしまいます。

 

潤いを残しながらも、毛穴や頭皮の汚れが落とせるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

 

手に取ったシャンプーをすぐに頭皮や髪の毛へつけず、手で泡立ててから洗い始めます。頭皮の上で泡立てていると、洗浄成分が頭皮に残る恐れがあるのです。

 

次に、トリートメントを使って髪の毛の内部を補修しましょう。トリートメントは毛先から揉み込むようにつけます。

 

ここがポイントで、ただ塗るのではダメですよ。しっかり浸透するように、丁寧に手のひらで温めながらつけていきましょう。手のひらに残ったものを、頭頂部にも塗っていきます。

 

■洗った後はすぐに乾かすクセをつけよう!

 

濡れた髪の毛はキューティクルが開きやすく、ダメージを受けやすい状態です。

 

洗ったらすぐに乾かす習慣で、ダメージの軽減を目指しましょう。タオルで髪の毛を押さえるように水気をとり、ドライヤーをしていきます。

 

ドライヤーは頭皮から毛先に向かってかけていきます。出来るだけ短時間で乾かすことが、熱ダメージから守る秘訣です。

 

洗い流さないトリートメントを塗っておくと更に良いですね。

 

■櫛の使い方、選び方も大切!

 

毛先がもつれているからと、櫛でとっていませんか?もつれているときは、手でその部分をほぐしてから櫛を使いましょう。

 

濡れているときに櫛を使うのも、髪のゴワゴワの原因になります。どのような素材の櫛を使うかもポイントです。

 

豚毛などの動物毛やつげなどの天然素材の櫛やブラシは、髪の毛に摩擦をかけにくいためおすすめです。天然素材の櫛は先も丸いため、頭皮からブラッシングすることで、頭皮ケアにもなりますよ。

 

【関連記事】

髪の毛のごわごわを改善するヘアケアアイテムはコチラ