寝ぐせ直しってどうすればいい?効果的な方法とは?

■寝ぐせはどうしてつくの?

 

朝起きたときに髪の毛に変な型がついてしまい、スタイリングが決まらないという経験は、誰もが一度はしたことがあるのではないでしょうか。

 

寝ている間にしっかりと髪の毛が癖付けられているため、戻すのに苦労するものです。寝相が原因と思う人が多いのですが、寝ぐせがつくのは寝相よりも寝る前の髪の毛のケアに問題がある場合が多いです。

 

髪の毛のくせというのは、濡れている髪の毛が乾くときいにつきます。そのため、寝る前に完全に髪の毛を乾かせていないのが、寝ぐせがつく一番の原因です。

 

■寝ぐせを予防するには?

 

髪の毛を完全に乾かして寝れば寝ぐせはつきにくくなります。特にショートヘアーの人なら、しっかり乾かして寝るようにしないと、朝に取返しのつかないことになってしまいかねません。

 

また、ドライヤーの熱によって頭皮に汗をかいていないかをチェックするのも忘れないようにしましょう。

 

万が一頭皮に汗をかいてしまったときには、ドライヤーの冷風を使って汗を乾かしておきましょう。せっかく髪の毛を完全に乾かしていても、頭皮の汗によって髪の毛に湿気が含まれると、それも寝ぐせの原因になってしまいます。

 

■寝ぐせ直しの正しい方法とは?

 

多くの人が癖のついている部分に、水やスタイリング剤をつけて寝ぐせを取ろうとしていませんか。

 

一時的に寝ぐせが取れたように見えても、髪の毛が乾くと再び寝ぐせが復活してしまいます。

 

寝ぐせを直すためには、寝ぐせのついている髪の毛の根本のケアを行うのが一番です。毛の根本を水で濡らした後は、5分程度放置してから直すようにしましょう。時間がないときは、寝ぐせ直し専用のスタイリング剤を使うと便利です。

 

■髪の毛が爆発!どうすればいい?

 

手直しのしようがないほど髪に寝ぐせがついて、髪の毛全体が爆発してしまったときは、シャワーで髪の毛全体を濡らしてしまうと手っ取り早いです。シャンプーは必要ありませんので、トリートメントだけをすればOKです。

 

■洗い流さないトリートメントを活用して寝ぐせ知らずの髪に

 

髪を乾かすときに洗い流さないトリートメントをつけると寝ぐせがつきにくくなる上、髪の毛のツヤが増します。

 

洗い流さないことで、髪の毛をオイルが覆ってストレートにしてくれるため、寝ぐせ予防にも効果があるのです。完全に乾かしても寝ぐせがつきやすい人は、洗い流さないトリートメントを投入すると朝のスタイリングが楽になりますよ。

 

【関連記事】

寝ぐせにならないヘアケアアイテムはコレ